日本中の通信制高校の学費情報を集めています。
(スマートフォンのタップで反応しない場合は、このページの下のエリア別メニューから都道府県を選んでください。)

県別リンクマップ

北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 東京都 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

通信制高校をえらぶなら、まず知りたいのが学費ですよね?(°◇´°)

でも、ちょっと見たぐらいで、相場より高いのか安いのかわからない… (´・_・`)

公立年間3万~6万円実質授業料無料とか、
私立は全日制より安いものの、年間30万~50万円とか、
通信制高校が提携してるサポート校も行くとプラス40万~90万円とか、
就学支援金おりたらもっと減るのか、減った後なのか、色々わかりにくいし…。
自分がもらえる額を使って計算してある例かどうかわからないし…。 (´・д・`)

とりあえずは、入学願書を送ってから、審査料払って、
実際に入学して、高校卒業証書をもらうまでに必要な、

  • 最低3年在籍して、
  • 最低74単位とって(だいたい30科目?)
  • 各校で必須としてるレポート提出(添削)こなして
  • 最低限のスクーリング(面接指導)に行って、

全部でいくら?(・∀・)b
・・・ってそれを比べてみたいと思いませんか?

国や自治体が学費援助してくれるとか言うけど、
就学支援金の差し引き額って色々あるし、
学校がいつ減額や返金してくれるかわからないから、
3年分まとめて引き算したいでしょ? (・∀・)b

(※就学支援金は都道府県から学校に支払われ、授業料から差し引かれます。
先に学費を支払って、支援金が降りてから返金したり、次期の授業料から引いてくれる学校と、最初から支援金を差し引いた額だけ請求する学校があります。)

通信制高校の学費がいちばん安いのは在宅ベースで、
その学校で設定されてる登校日数が一番少ないコースなので、

このサイトでは、
まず最安値コースで、3年間でかかる授業料やその他の費用を合計してみました。
明記されてる場合は受験料入学審査料とか入学検定料ともいう)も入れました。
教科書代も書いてくれてるときは入れました。

それで、ちょっと資金的に余裕がありそうなら、
年に1度とか月に数回のスクーリング参加だけより、もうちょっと
学習センターとかキャンパスと呼ばれる場所に通ってサポートしてもらったり、
進学や専門学校系のスキルのためのコースも追加したり、
そういうことも考えられますよね?
(※何回通っても学費が同じ学校もあります。)

反対に、我が家の家計では登校増やせないし、
在宅が多いほうが気楽だし…
このインターネットコースなら、いつでも先生にメールや電話で質問して、
頑張れば、あまりたくさんお金使わずに高校卒業できそうだな、
とか、プラン立てられるし…。
(※手書きのほうがいい人は、レポート提出のための郵送料が激安の100g15円とかですww)

大学進学のための受験勉強に時間をつぎ込むもよし。 φ(. .  )

好きなスポーツダンスバレエを続けるもよし。

芸能活動を続けながら高校卒業資格をとるもよし。

シェフカフェオーナーパティシエネイリストを目指すもよし。

プログラミングコードを学んだり、マンガ・イラストを極めてもよし。

ちょっと空いた時間でバイトして、学費の足しにするもよし。

.

とにかくまずは、出て行く金額を知って、
しっかりプランを立てましょ~。(ノ。・o・)ノ
.
都道府県名を選んだら住所氏名を入力する前に
資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!