通信制高校の学費をチェックしよう

奨学給付金(授業料以外の教育費支援)

都道府県名を選んだら、住所氏名を入力する前に
資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!

 


奨学給付金制度というのは、非課税の低所得世帯(年収約250万円未満の家庭)
対象に授業料以外の教育費の負担を
軽減するための支援制度です。窓口は各都道府県になります。

  • 授業料以外の教育費とは、教科書費、教材費、学用品費、通学用品費、校外活動費、生徒会費、PTA会費、入学学用品費等になります。

通信制高校の場合は、年額38,000円〜52,600円が支給されます。
概要は次のとおりです。

 

 

就学支援金とは異なり、高等学校経由での手続きではないので、
保護者が在住する都道府県に直接申請します。

 

文科省のウェブサイトやリーフレットへのリンクを貼っておきます。
画像をclickすると、文科省の当該ページが別タブで開きます。

 

高校生等奨学給付金のお問い合わせ先一覧

高校生等奨学給付金リーフレット

高校生等奨学給付金 世帯パターン図

 

就学支援金の場合は、各都道府県の問い合わせ先は電話番号しか掲載されていないのですが、
奨学給付金の場合は、担当部署のウェブサイトへのリンクも貼ってあります。

 

  • ここでいう低所得世帯は、前年度の保護者の収入を元にしています。

    今年度になって失業などで保護者の収入激減などで支援が必要な場合、
    「その他の修学支援策」の「家計急変への支援」という都道府県による事業があります。
    この場合、保護者の在住する自治体ではなく、学校の所在する都道府県へ問い合わせてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

通信制高校の学費記載、就学支援金などについて


就学支援金や低所得世帯への奨学給付金は、大枠は全国共通ですが、 細かい規則などは自治体によって多少異なります。

詳しく知りたい方は、希望する通信制高校や都道府県庁・教育委員会で確認できます。

通信制高校の学費記載や、就学支援金の詳しい説明はこちら。
通信制高校の学費のしくみ
就学支援金 - 約9割の生徒に支給される
奨学給付金(授業料以外の教育費支援)

お住まいの地域で資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!



奨学給付金(授業料以外の教育費支援)

通信制高校の学費のしくみ
通信制高校へ入る(新入学・転入・編入する)とき、真っ先に気になるのが、学費。国公立・私立でどれぐらい違うか、現在の制度で就学支援金や奨学支援金はいくらもらえるのか。年間コストはいくらか、月あたりいくらかかるのか。これらをわかりやすく比較してみます。
就学支援金 - 約9割の生徒に支給される
ほとんどの通信制高校は、学年制ではなく、単位制をとっていますが、文科省の就学支援金制度のリーフレットは、全日制(学年制)を中心につくられています。単位制の通信制高校に当てはめると、授業料をいくら差し引いてくれるのかを検証します。
サポート校に通うと学費はかなり増える?
通信制高校の通信コースだけでは、年数日の集中スクーリングしかない場合が多いですが、通学もしたい場合、どれぐらい費用は増えるのでしょうか。通信高校内で通学コースをとる場合と、サポート校に別途通う場合を比較してみました。
通信制高校、サポート校、キャンパス、学習センターなど、違いは何?
通信制高校での通学・登校のしくみを知るためには、通信制独特のことばを知らなくてはなりません。簡単なようで、ちょこちょこ例外があってややこしい面があります。ちょっと整理してみました。
通信制高校の資料一括請求を利用するメリット
通信制高校の情報を集めようとすると、ネット上では公開されていない情報も多く、資料を郵送してもらったほうが、いい場合があります。一括資料請求サービスの使い方を説明します。

学費について 北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄 コラム