通信制高校の学費を比較する

通信制高校の資料一括請求を利用するメリット

都道府県名を選んだら、住所氏名を入力する前に
資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!

 

サポート校に通うと学費はかなり増える?」の下の方でも説明しましたが、
通信制高校学費に関して、細かい情報は、資料を取り寄せたり、見学時に
各校の担当者に直接確認しなければ、見えてこないことがあります。

 

とことんインターネットだけで行きたい通信制高校サポート校を絞り込み、
一校ずつ自分で資料請求するのも、もちろんいいのですが、
一括無料資料請求することはそれなりのメリットがあります。

 

いずれにしろ料金は一切かかりません。

 

とにかく便利

まず、一度だけ住所氏名・連絡先などを入力して、複数校の資料
届くというのはそれだけで楽です。
自分でいろんなサイトに登録したことのある人ならわかると思いますが、
入力フォームも少しずつ違っていて、ものすごく大変です。

 

一括資料請求サイトに登録している学校は、いまでも限られているので、
どうしても個々に請求する必要も残りますが、それでもかなり楽です。

 

安心できる

掲載している学校どうし、ある意味ライバルどうしになるわけですが、
各校ともできるだけコストパフォーマンスで見劣りしないように、
努力されているのがわかります。

 

事実上、他の学校といっしょに全国に広告掲載していることになりますから、
内容と実際が大きく違う虚偽の記載だった、などと信用を落とすようなことを
する可能性は低くなります。

 

意外な選択肢がみつかる

自分で調べたときには見落としていたような、通信制高校サポート校
気付かされることがあります。

 

当サイトでも、全国広域で生徒募集している通信制高校は、
できるだけ該当都道府県のページに入れていますが、
それでもまだ拠点のページにしか入っていない場合があります。

 

(「全国」と書かれていても、近くにキャンパスがなく、ネット授業などの
充実度がわからない場合や、状況未チェックの場合などは、掲載を控えています。)

 

ネット接続のない場所でも何度でも広げられる

紙の資料だと、ネット接続していない場所でも何度でも開けるので、
誰かに相談したいときや、大きなPC画面がない人には、見比べるのに便利です。

 

郵送資料は最寄りのキャンパスから送られてくる場合が多く、
見学説明会などに行く場合、担当者の名刺が入っていたり、
直通連絡先が表示されているのが便利です。

 

早いときは、土曜の午後に申し込んでも、翌日の日曜にはメール便で届きます。

 

当サイトで紹介している資料請求サイト、ズバット通信制高校比較のサイトはこんな感じです。

 

checkデザインは数種類ありますが、てっぺんに都道府県と今の状況を選択する
ドロップダウンボックスがついています。

 

 

 

checkその下には、通信制高校やサポート校の説明、Q&Aなどわかりやすい表示があり、
さらに下まで行くと、この一括資料請求サイトに登録している学校のロゴが
紹介されています。

 

 

 

check「大阪府」と「高校1年」を選んで、次のページに来てみました。
資料を送る宛先と連絡先の最低限の入力を行うフォームがあります。

 

 

 

check入力欄の下の「資料を取り寄せる」ボタンの下に、大阪府の申し込み者が選べる
通信制高校、サポート校、高校認定予備校が表示されます。

 

 

不要なものがあればチェックをはずします。
メルマガが要らない人は、それも外しておきます。

 

ここで、「資料を取り寄せる」ボタンをClickすると、大阪府の場合、最高で12校から
郵送(メール便など)で資料が送られてきます。

 

また、この段階で、タブを閉じれば、入力した個人情報はどこにも残りません

 

このサイトを見るにはこちらをクリックしてください→ズバット通信制高校比較

 

 

一括資料請求に含まれていない通信制高校に関しては、

当サイトの都道府県ページのリストに、各校へのリンクを
貼っていますので、個別に請求してみてください。

 

(数が多いときは、[Ctrl]+[F]でページ内検索できます。)

 

 

 

※余談ですが、100円ショップや文具店などでクリアフォルダを1ダースほど
買っておくと役立ちます。最寄りキャンパスの追加資料や募集要項など、
たくさん届くので、封筒を捨てた後、1校ずつまとめておくのに便利です。
(キーホルダーなどの粗品がついていることもあります。)

 

 

 

通信制高校の学費記載、就学支援金などについて


就学支援金や低所得世帯への奨学給付金は、大枠は全国共通ですが、 細かい規則などは自治体によって多少異なります。

詳しく知りたい方は、希望する通信制高校や都道府県庁・教育委員会で確認できます。

通信制高校の学費記載や、就学支援金の詳しい説明はこちら。
通信制高校の学費のしくみ
就学支援金 - 約9割の生徒に支給される
奨学給付金(授業料以外の教育費支援)

お住まいの地域で資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!



通信制高校の資料一括請求を利用するメリット

通信制高校の学費のしくみ
通信制高校へ入る(新入学・転入・編入する)とき、真っ先に気になるのが、学費。国公立・私立でどれぐらい違うか、現在の制度で就学支援金や奨学支援金はいくらもらえるのか。年間コストはいくらか、月あたりいくらかかるのか。これらをわかりやすく比較してみます。
就学支援金 - 約9割の生徒に支給される
ほとんどの通信制高校は、学年制ではなく、単位制をとっていますが、文科省の就学支援金制度のリーフレットは、全日制(学年制)を中心につくられています。単位制の通信制高校に当てはめると、授業料をいくら差し引いてくれるのかを検証します。
奨学給付金(授業料以外の教育費支援)
生活保護世帯の高校生を対象に、授業料以外の教育費も支援するための制度が奨学給付金です。
サポート校に通うと学費はかなり増える?
通信制高校の通信コースだけでは、年数日の集中スクーリングしかない場合が多いですが、通学もしたい場合、どれぐらい費用は増えるのでしょうか。通信高校内で通学コースをとる場合と、サポート校に別途通う場合を比較してみました。
通信制高校、サポート校、キャンパス、学習センターなど、違いは何?
通信制高校での通学・登校のしくみを知るためには、通信制独特のことばを知らなくてはなりません。簡単なようで、ちょこちょこ例外があってややこしい面があります。ちょっと整理してみました。

学費について 北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄 コラム