通信制高校の学費を比較する

通信制高校、サポート校、キャンパス、学習センターなど、違いは何?

都道府県名を選んだら、住所氏名を入力する前に
資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!

 

学費をチェックする上で、知っておきたい言葉をあげてみました。

 

通信制高校とサポート校の違いはなんですか?

通信制高校とは、学校教育法に定められた「学校」で、
単位数や在籍期間を満たせば「高等学校卒業」資格が与えられます。
「就学支援金」などで授業料が減額される対象となります。

 

サポート校とは、通信制高校を卒業するまでの、
学習支援などを行う機関で、いわば塾みたいなもの。
学校教育法の縛りがないので、教師には教員資格は要求されません。

 

キャンパスとか学習センターというのは何ですか?

おもに広域で展開する通信制高校が、通学・登校希望者のために、
各地の交通の便がよいところを中心に、設けている教室です。
その通信制高校が直接運営している場合と、
提携するサポート校の設備を使わせてもらっている場合とがあります。
そういう教室を、通信制高校によって「◯◯キャンパス」あるいは
「◯◯学習センター」と呼んでいます。

 

通信制高校は、私立であっても、集中スクーリングしかない
在宅学習型だと費用はかなり安いのですが、
公立が多かった頃の通信制高校では、そのために
自己管理ができず、卒業率も50%以下というのがふつうでした。

 

通学コースを設けたり、通信によるサポートにネット講習・レポートを
取り入れたりして、卒業率95%を超える通信制高校が増えています。

 

サポート校を先に選ぶ人がいるけど、高校卒業資格はもらえるの?

いいえ。サポート校はあくまで通信制高校の学習支援をするだけの存在で、
高校卒業資格はもらえません。
提携する通信制高校に別途入学する必要があります。

 

通学するスタイルの通信高校生活を送りたい場合、
集中スクーリングを受けるだけの通信制高校より、長い時間を過ごすことになる
サポート校を先に決める人もいます。

 

 

通信制高校とサポート校のホームページが似ていて、

違いがわかりにくいときは、どうやって見分けるの?

まず、学校名に注目します。
学校教育法が定める「高等学校」では、
学校名に「高等学校」という名称が使われています。

 

サポート校の場合、「高等学院」という名称が使われることが多いです。

 

※ただし、例外があります。通信制高校ではありませんが、
 早稲田大学高等学院、早稲田大学本庄高等学院は高等学校です。

 

また、通信制高校のウェブサイトで各地のキャンパスをClickすると、
同じ名前がついた「高等学院」のページが出てくる場合があります。

 

多くは、その通信制高校か、提携先の学校が運営しているサポート校の名前ですが、
その「高等学院」のどこかに「専修学校」と書かれていると、
学校教育法が定める「学校」に当たり、
通信制高校なしの単独入学でも就学支援金の対象となったり、
大学受験が認められる場合があります。(高卒資格とは異なります。)
(例: クラーク記念国際高等学校天王寺キャンパス。正式名称は「専修学校 クラーク高等学院 天王寺校
宇都宮キャンパスなど他のキャンパスと違い、クラーク記念国際高等学校の本校に別途入学することは選択制になっているのはこのためです。)

 

 

 

 

 

通信制高校の学費記載、就学支援金などについて


就学支援金や低所得世帯への奨学給付金は、大枠は全国共通ですが、 細かい規則などは自治体によって多少異なります。

詳しく知りたい方は、希望する通信制高校や都道府県庁・教育委員会で確認できます。

通信制高校の学費記載や、就学支援金の詳しい説明はこちら。
通信制高校の学費のしくみ
就学支援金 - 約9割の生徒に支給される
奨学給付金(授業料以外の教育費支援)

お住まいの地域で資料請求できるサポート校通信制高校をチェックできます。

無料で複数の通信制高校やサポート校の資料を請求!



通信制高校、サポート校、キャンパス、学習センターなど、違いは何?

通信制高校の学費のしくみ
通信制高校へ入る(新入学・転入・編入する)とき、真っ先に気になるのが、学費。国公立・私立でどれぐらい違うか、現在の制度で就学支援金や奨学支援金はいくらもらえるのか。年間コストはいくらか、月あたりいくらかかるのか。これらをわかりやすく比較してみます。
就学支援金 - 約9割の生徒に支給される
ほとんどの通信制高校は、学年制ではなく、単位制をとっていますが、文科省の就学支援金制度のリーフレットは、全日制(学年制)を中心につくられています。単位制の通信制高校に当てはめると、授業料をいくら差し引いてくれるのかを検証します。
奨学給付金(授業料以外の教育費支援)
生活保護世帯の高校生を対象に、授業料以外の教育費も支援するための制度が奨学給付金です。
サポート校に通うと学費はかなり増える?
通信制高校の通信コースだけでは、年数日の集中スクーリングしかない場合が多いですが、通学もしたい場合、どれぐらい費用は増えるのでしょうか。通信高校内で通学コースをとる場合と、サポート校に別途通う場合を比較してみました。
通信制高校の資料一括請求を利用するメリット
通信制高校の情報を集めようとすると、ネット上では公開されていない情報も多く、資料を郵送してもらったほうが、いい場合があります。一括資料請求サービスの使い方を説明します。

学費について 北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国 四国 九州・沖縄 コラム